注文住宅における失敗を回避する対策

注文住宅で失敗しないために

もう失敗しない!自分の理想の注文住宅の作る対策

注文住宅の種類

注文住宅とは簡潔に話すと、新築で建てる家について何階建てだとか間取りについてだとか、そして外観や内装といった事細やかな内容まで「こんな家がいい!」とお客さん側が計画や提案する建築方法のことを言います。

建築方法は大きく分けると二つあります。
一つは、フルオーダー住宅というものです。

フルオーダー住宅というものは、使う木材や断熱材、窓の種類といった仕様はもちろん、その他の新築の家に関わる全ての項目について依頼者が指定して計画するものです。
ただ、かなりの建築に関する知識を必要としますので、どちらかというと玄人向けですね。

隅から隅まで指定するので圧倒的に手間がかかりますが、完全にその人好みのその人だけのたった一つだけの住宅が出来上がります。

資金面でも時間の面でも余裕のある方には、おすすめの方法です。

もう一つの方法

二つ目は、セミオーダー住宅になります。

フルオーダー住宅が、本当に何もかも全て依頼者が決めれる方法なのに対し、セミオーダー住宅は、基本的な仕様はすでに決まっており、お風呂やトイレ、キッチンなどの住宅設備の色や外観について決められる方法です。

もちろん間取りも決めることが出来ます。
必要に応じてですが、設備のグレードアップやグレードダウンも出来ます。

フルオーダー住宅は専門的な建築の知識と、豊富な資金や時間も必要なので、どちらかというとセミオーダー住宅を選択する人の方が多いです。

実は、建築会社側もあまりにも手間や時間がかかるフルオーダー住宅はあまり好きではなく、請け負うことはほとんどありません。
なので、注文住宅と一言で言っている場合、その大半はセミオーダー住宅のことを言っていると思ってもいいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る