注文住宅における失敗を回避する対策

注文住宅で失敗しないために

注文住宅を知ろう

家を建てるということは、一生に何度もあることではないので緊張しますよね。
それと同時に大きな夢が広がり、あれも欲しいこういう風にしたいなどと希望は次から次に出てくることでしょう。
しかし予算にも限度がありますから、自分の希望をすべて取り入れるということはちょっと難しいですよね。

そこで、考えないといけないのは、絶対欲しいものの順番のリストです。
例えば、トイレはどうしても二つは欲しいとかキッチンはシステムキッチンじゃないと嫌だけど、パントリーはあきらめてもいいというようなことです。

これはとても大切な作業で、ここに時間をかけると後で公開することが少なくなります。
家のプランを考えたり、決めたりするときはどうしても興奮気味になりますが、ここは冷静になるように心がけてください。
いいなと思うことでも、それは本当に必要なのか?お金をかける価値があるのかどうか?と、二度、三度考えて見ましょう。
とはいえ、どんなに時間をかけてプランを練っても、後から失敗したかなと感じる部分は出てくると思います。

それこそ水回りだけは失敗すると後で直すのはすごい費用もかかりますし、大変なので、慎重に決めて、部屋数などは、数が変更できるようなつくりの壁にしておくなどの工夫をすれば、家族が増えたり減ったりしても、上手く対応できると思います。
また、水回りでも、小さな部分、例えばウォシュレットをつけるかつけないか、キッチンにシステムキッチンを完璧にしなくても後から簡単に取り付けられるものもあるので、どうにでもなるように電力と水道さえつけておけば、大きな工事をすることなく変更ができるので、賢く節約できますね。

TOPへ戻る